マナー編>夫婦でご出席いただくゲストへの引出物は?


夫婦でご出席いただくゲストへの引出物は?

ご夫婦でご出席頂いた場合、旦那さんにだけお渡しするケースと、ご夫婦それぞれにお渡しするケースがあります。これは地域により異なるようですが、旦那さんだけにお渡しする際には引出物のグレードを引き上げるよう贈り分けを心がけましょう。

ご夫婦でご出席の場合は多くが5万円(旦那さん3万円+奥さん2万円)または7万円(親族なら8~10万円)とご祝儀が多いのに対し、他のゲストと同じ引出物をご夫婦で一つ…お料理代として考えるには先方の心象はよくないですよね。

カタログのランクを最低でも3000円~8000円分くらい他のゲストより上げて、アイテム数を3種類から5種類、5種類から7種類に増やす等の対応は最低限心がけましょう。しっかりと贈り分けすることで後の交友関係を円滑に進めるきっかけになるかもしれません。

『奥様に重たい物をお渡しするのは申し訳ないので、旦那様にお持ち帰り頂くようになっています』など気の利いたカードの一枚でもテーブルに置いてあれば素敵な気配りだね、と先輩花嫁も納得してくれすはず!
独身のゲストに比べ、見る目が非常にシビアですのでご注意を!
奥さんにも引出物をお出しする場合は旦那さんと引出物の中身が一緒、なんて事だけは避けましょう。

引出物や記念品は好みが多様化しているのでカタログギフトのシリーズを女性向けにしたり、必要であれば値段を変えるなどの心配りが大切です。
基本的には形に残る物よりも、食器などは揃っているので食品や高級タオルなどの実用的な商品が既婚ゲストには好まれる傾向があります。