マナー編>カタログギフトを贈っておけば間違いない?


カタログギフトを贈っておけば間違いない?

カタログギフトを頂いた事がある方ならお分かりでしょうが、例えば3000円のカタログギフトの中身はメーカーにもよりますが概ね1500円~2000円相当。送料などが含まれるため額面通りの商品が選べる訳ではありません。

自由に選べる半面低価格のカタログギフトの場合、選ぶ物がなく食品にした~と言うお話はよくあることです。
使わない食器を貰うよりはマシ!なんて哀しい意見も中にはありますが、どの程度のポジションで使うかにもよって選ぶ額面が変わってきます。まずは電子カタログでしっかり中身を確認して納得して選ぶことが肝心です。

カタログギフト+引き菓子+縁起物、の3点で引出物にするのであればカタログギフトは4500円~5500円位を選んでおくと友人も納得ではないでしょうか。

カタログギフト+引出物+引き菓子+名披露目+縁起物など5点以上でご使用の場合は引出物が別にありますので3000円代~4000円代のものでも十分にゲストは満足出来るでしょう。

だからと言ってグレードをあげて8000円のカタログギフト一冊だけを贈って他はなし、では感謝の気持ちも伝わりません。

どうしても予算を抑えたい場合、3000円のカタログに1000円位の引き菓子・縁起物となりますが、お料理もグレードを落として、その分自分たちの衣装や演出にばかり予算を使っている結婚式になると列席者は後からため息まじりでお式を思い出すことになるでしょう。

予算を掛けずにゲストをもてなす方法はきっとあるはず!ゲストとの思い出を手作りのアルバムにして贈ったり、感謝の想いを綴った手紙を入れておくだけで心象は自分違いますよ!